レンアイウン

MENU

面倒な女になっていませんか

男性にとって面倒な女とは、自分のマイナスの感情を常にぶつけてくる女性です。

 

付き合い始めは愛情があるので、そんな彼女の気持ちも喜んで受け止めてはくれるでしょう。

 

あなたが泣き止むまで、あるいはあなたが満足するまで一緒に夜中まで寄り添ってくれるはず。

 

しかし、これが何度も続くと、男性にはあなたといるのが面倒だ、もう深くかかわりたくないという感情が芽生えてしまいます。

 

なぜなら、その男性にとってはあなたとの恋愛がすべてではありません。

 

仕事のこと、友人のこと、趣味のこと・・・他にもやりたいことはたくさんあるのです。

 

そんな彼氏にとって、あなたは面倒な女になっていませんか?

 

面倒な女は、男性には永く愛されません。

 

その理由を探り、脱面倒な女を目指しましょう!!

 

私のこと好き?と聞くのはNG

 

彼氏に何度も「私のこと好き?」と聞いたり、彼氏が浮気をしていないか飲み会の最中に電話をしたり、彼氏の気持ちや行動を疑うようなことはしていませんか?

 

女性にとってはそれは愛情を確認する作業のひとつなのですが、男性にとっては信用されていない、束縛されているという思いにつながる行為となります。

 

離婚原因にも

 

結婚してからも、夫の携帯電話や手帳を勝手に見ることが離婚原因になるケースもあります。

 

結婚したからといって、お互いのプライベートの線引きが曖昧になるわけではありません。

 

とりわけ面倒な女は、相手に思い通りに行動してほしいという気持ちが強くでてしまいます。

 

しかし、それが相手にとって不快な行動になることもあるので注意しましょう。

 

 

面倒じゃなさすぎる女子もダメ?

 

では、逆に面倒ではない女子を男性がどう思っているか見てみましょう。

 

面倒ではない女性とは、男性にとって都合の良い女性のことです。

 

ヘンに疑ったり、相手の気持ちをコントロールしようとしないため、男性は気軽な気持ちで付き合うことができます。

 

しかし、男性には本来狩猟本能が備わっており、ホイホイ罠に引っかかる獲物より、自分が必死に頑張って手に入れた獲物を大事にする傾向があるのです。

 

そういった意味では、男性にとって面倒ではない女性≠愛される女性なんですね。

 

 

前向きな女子になろう

 

上記の2つの点を見ると、面倒すぎるのも重い女として扱われるのでNG、面倒でなさ過ぎるのも、軽い女として扱われるのでNGということがわかったと思います。

 

このことから、男性にとって魅力的な女性像を浮かび上がらせると
相手の気持ちに対して、常にプラス思考であり、前向きな考え方を持てる女性ではないでしょうか?

 

自分の目の前の人は、自分の心をうつす鏡です。

 

相手にこうなってほしいと思いをぶつける前に、まずは自分の行動を見直してみませんか?